HOME > フィジカルトレーニング > 膝をついてのキャッチボール

膝をついてのキャッチボール

ねらい
上半身の動きを確認し、腕の使い方を覚える。
腕と腰を大きく動かすことが大事!

やり方
草野球で勝つ! ①2人1組になって、10mくらいの間隔を空けます。
②その場で両膝をついてキャッチボールをします。


下半身が使えない分、体重移動がないので腕の使い方や、ボールを放すタイミング、スナップの大切さが分かります。
ポイントは、左右の腕を大きく開き上半身を最大限に使うことです。

慣れてきたら距離を広げ、遠投に挑戦してみましょう。


草野球で勝つ!


フィジカルトレーニングに関する他の記事

草野球で勝つ!フィジカルトレーニングの記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト