HOME > フィジカルトレーニング > アッパースイングの直し方

アッパースイングの直し方

軟式野球にとって、アッパースイングほど悪いスイングはありません。
硬式と違って、よく弾む軟式ボールは転がす(バウンドのある)ところに強みがあるのです。
それなのに、アッパースイングで打っていたのでは、フライが多くなるばかりで効率的なバッティングが出来ません。
ちょっとした工夫で、アッパースイングは修正できるので、直しておきましょう。

そもそも、なぜアッパースイングになるのかと言うと、重心が後ろにのこり過ぎているからなのです。
重心が後ろに残ってしまっているので、バットが下から出てしまうのです。
だから、アッパースイングを修正するには、この後ろに残りすぎた体重を前に移してやる必要があります。

その方法として、軸足が前の足よりも少し高くなるようにします。

草野球で勝つ!,アッパースイングの直し方

図のように、台の上に軸足を乗せたり、坂道を利用して軸足が高くなるようにしてスイングをします。
こうすることで、重心が前(右打者なら左足)に乗り、アッパースイングも矯正されます。

また逆に、前に突っ込みすぎている人は、アッパースイングとは逆で前の足に重心が乗り過ぎているのです。
この場合は、前の足が軸足よりも高くなるようにしてスイングする事で矯正できます。

草野球で勝つ!,アッパースイングの直し方

草野球で勝つ!


フィジカルトレーニングに関する他の記事

草野球で勝つ!フィジカルトレーニングの記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト