HOME > フィジカルトレーニング > ランニングスローの練習

ランニングスローの練習

ランニングスローでは、自分の思ってもいない方向に投げてしまうことがあります。
これは、あきらかに練習不足です。
ある程度、練習でランニングスローをやっていると、ボールの軌道を掴むことが出来ます。

今回は、ランニングスローと無理な体勢からの送球練習の方法です。
まず、ボールを3m間隔で置きます。
そのボールを順番に拾い上げて、走りながら送球します。

草野球で勝つ!,ランニングスローの練習

この練習は、自分のポジションをスタート地点として、ボールを等間隔に置いて1塁や2塁を目標にすると、実践的でより効果が上がります。


草野球で勝つ!


フィジカルトレーニングに関する他の記事

草野球で勝つ!フィジカルトレーニングの記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト