HOME > フィジカルトレーニング > 連続ティーバッティング

連続ティーバッティング

ヘッドスピードを上げる練習法です。
ティーバッティングは、どのチームもやりますが、このティーバッティングを連続で行うことでヘッドスピードのアップに繋がります。

ヘッドスピードはバットを振ることでアップします。
なので、素振りを繰り返しする事で、当然スイングスピードもアップするのですが、実際にボールを打ち返す方が高い意識で取り組めます。
なかでも、連続ティーバッティングはヘッドスピードを上げるのに、最も効果的な練習法です。

やり方は、普通のティーバッティングのように、誰かに投げてもらって打ち返すのですが、これを間隔を空けずに投げてもらいます。
あまり、連続でやり過ぎるとバットが思うように振れなくなり、フォームを崩す原因になるので、間に休憩をはさみながら行う方が良いでしょう。
回数としては、5回連続で打ち返して休憩をいれるくらいが目安です。

この連続のポイントは、力で振ることではなく、バットのヘッドの重さを利用して振ることを覚えることです。
どんなバットでも、ヘッドの方が重い作りになってます。
そのヘッドの重さを利用して振ることを覚えます。


草野球で勝つ!


フィジカルトレーニングに関する他の記事

草野球で勝つ!フィジカルトレーニングの記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト