HOME > バッティングのコツ > 飛距離はフォロースルーから

飛距離はフォロースルーから

バッティングの基本は、インサイドを小さく・アウトサイドを大きくすることです。
インサイドとは振り始めのことで、アウトサイドとはインパクトの後です。
インサイドを小さくする理由は、ボールまで最短距離で出す為です。
そして、アウトサイドを大きくする理由は、大きくした分だけ飛距離が伸びるからです。

アウトサイドと言ってますが、これを”フォロースルー”と言います。
ここではフォロースルーについて説明したいと思います。

先ほども言ったように、バットは振り始めを小さくインパクトからを大きく振ります。
このバットの軌道を上から見ると、下図のようになります。

草野球で勝つ!,飛距離はフォロースルーから

で、飛距離を出すには緑の点線で囲った、インパクトから後のフォロースルーをどれだけ大きくするかに掛かっているのです。
このフォロースルーが大きいほど打球がよく伸びるのです。

フォロースルーのポイントは、打球を打つ方向へバットを投げ出すようにして振ることです。
打つ方向とは、例えばセンター返しならセンター方向へバットを放り投げるようにして振ります。

このように、バットを打つ方向へ投げるイメージで振れば、自然とインパクトから肘が伸びた状態になります。
フォロースルーがしっかり出来ていない人は、図のようにインパクトから肘が曲がった状態でバットが返ります。
それでは、飛距離が出ないのです。

草野球で勝つ!,飛距離はフォロースルーから

フォロースルーはしっかりと腕を伸ばし、大きく返します。


草野球で勝つ!


バッティングに関する他の記事

草野球で勝つ!バッティングの記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト