HOME > バッティングのコツ > バットのヘッドが下がっても大丈夫!

バットのヘッドが下がっても大丈夫!

皆さん、「バットのヘッドが下がってる!」と言われたことはないでしょうか?
特に、フライを打ち上げてしまった時などに・・・。

確かに、指摘されるようにバットのヘッドが下がるのはよくない事です。
ヘッドが下がってしまうと、力が上手くバットに乗らないからです。

だから、バットのヘッドが下がってると指摘されれば、修正する必要があるのですが、このバットのヘッドが下がる根本的な原因は別の部分にあるのです。
その場所さえ正常であれば、バットのヘッドが下がってたって、どうって事ないのです。 では、その場所とはどこなのか?詳しく解説したいと思います。

ヘッドが下がるってどういう状態?
そもそもバットのヘッドが下がるとは、どういった状態を言うのでしょうか?
下図をご覧ください。

草野球で勝つ!,初心者,バットのヘッドが下がっても大丈夫!

この図では、左が正常で右がヘッドが下がった状態を現しています。
で、私もプレーヤーだった頃はよく指摘されたのですが、ヘッドが下がるとはミートの時に図の右のようになっているのです。
だから、ミートの時にヘッドが下がらないように、図の左のようにして打つようによく言われたものです・・・。

しかし、どうでしょうか?この図の左のように、ヘッドを下げない状態で低目のボールは打てるのでしょうか?

参考本によっては、「低目のボールはヒザを曲げて重心を落として・・・真ん中のボールと同様に打つ。」なんて書かれていたりするものもありますが、確かにそれだったら低目のボールでもヘッドを下げずに打つことが出来そうです。
しかし、そのような打ち方では、ボールの見え方が違ってしまうので、ミート力が落ちてしまいます。(詳細:低目はこうして打つ!
だから、低目のボールを重心を落として打つのは、間違った打ち方だと言えます。
実際にプロ野球選手でも、そんな風にして打っている選手は見た事がありません。

では、低目はどうやって打つのでしょう?
そうなんです。低目を打つ時はどうしたってバットのヘッドは下がってしまうのです。
下の写真を見てください。

草野球で勝つ!,初心者,バットのヘッドが下がっても大丈夫!

この図は、イチロー選手と松井選手のミートの瞬間の写真です。
どうですか?どちらの写真も、バットのヘッドが下がっているでしょ。
しかも、この写真のボールはベルト付近のボールで、決して低目とは言えない高さのボールです。
それなのに、両者ともバットのヘッドが下がっています。

つまり、バットのヘッドが下がる事は、大したことではなく自然なことなのです。

「ヘッドが下がってる!」と言われる原因はどこに?
では、「バットのヘッドが下がってる!」と指摘されても、放おっておいても良いのでしょうか?
そんな事は決してありません。
「バットのヘッドが下がってる!」と指摘されたら、ただ一つだけ見なおしたいポイントがあります。
それは、左の脇(右バッターの場合。以下右バッターを想定)です。

左の脇が開いてしまうと、バットのヘッドが下がってしまいます。 下図を見てください。

草野球で勝つ!,初心者,バットのヘッドが下がっても大丈夫!

この図は、左脇が開いた状態と、閉じた状態のバッティングの図です。
図の右のように、左脇が開いてしまうとバットのヘッドは下がってしまいます。
左のように、しっかりと左脇が閉じていれば、真ん中から高目のボールであれば、バットのヘッドしっかりと立った状態で打つことができます。

なので、”バットのヘッドが下がる”という事よりも、左の脇が開いているかどうかに注意することが大事なのです。
この左脇さえしっかりと閉じていれば、バットのヘッドが下がっていようがどうって事はないのです。

では、もう一度イチロー選手と松井選手の写真をみてください。

草野球で勝つ!,初心者,バットのヘッドが下がっても大丈夫!

両者は左バッターなので、右脇が開いているかどうかを見ます。
すると、しっかりと右脇が閉じているのが分かると思います。

これが仮に、右脇が開いてヘッドが下がった悪い状態なら、肘から伸ばした直線(黄色の線)よりもヘッドが下に来てしまいます。

草野球で勝つ!,初心者,バットのヘッドが下がっても大丈夫!

だから、「ヘッドが下がってる!」と言われる場合に注意したいのは、
●左脇(右バッターの場合)が開いてないか
●肘のラインよりもヘッドが下がってないか
と言うことなのです。

この2点がしっかりと出来ていれば、どれだけヘッドが下がっていたって問題ないのです。


草野球で勝つ!


バッティングに関する他の記事

草野球で勝つ!バッティングの記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト