HOME > 守備のコツ > キャッチャーフライの捕り方

キャッチャーフライの捕り方

草野球で勝つ!,キャッチャーフライの捕り方軟式ではキャッチャーフライを捕る時は、ポケットキャッチで捕ります。
ポケットキャッチとは、自分の胸のあたりにミットを構え、ミットと体と右手で抱え込むようにして捕る方法です。
硬式では、一般的に顔の上でミットを構えて、ミットのみで捕りますが、軟式ボールは弾きやすいので、抱え込むようにして捕ります。

もともと、軟式は硬式ほどの重さがありません。
そこに、回転の加わったボールをキャッチする場合、ミットだけではその回転を止めることが出来ないのです。
キャッチャーフライになるという事は、ボールを捉えたのではなく、バットがボールの下に入った状態で起こります。
つまり、回転が内野フライや外野フライよりも多く掛かっているのです。
おまけに、キャッチャーミットは速いボールを捕るように出来ていて、こういったフライやゴロを捕るのに適していないのです。

ですから、キャッチャーフライは必ずポケットキャッチで捕るようにします。
ポケットキャッチなら、ミットの中でボールが回転し上手くミットに収まらなくても、自分の体と右手で抑えこむことができます。

次に、キャッチャーフライのボールの回転についてです。
キャッチャーフライの回転は、他のフライよりも多くの回転が掛かっています。
なぜなら、前への力ではなくほとんどの力が”回転”になってしまっているからです。
打席から打ち上げられたボールは、飛距離がなくただ上に上がるだけの回転がついた打球です。

その為、キャッチャーフライのボールの軌道は図のように、一旦真上に上がったと思っても、少しずつフィールドの方向へ流れていきます。
なので、キャッチャーフライを捕る時には、体をバックネットの方向へ反転して捕ります。
ポイントは、ボールの真下に入るのではなく、少し余裕を持って構えます。
図で言えば、ボールの真下ではなく、ピッチャーよりで構えます。

草野球で勝つ!,キャッチャーフライの捕り方

草野球で勝つ!


守備に関する他の記事

草野球で勝つ!守備の記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト