HOME > 守備のコツ > ランナー2塁のバントシフトで3塁封殺を狙う場合

ランナー2塁のバントシフトで3塁封殺を狙う場合

ランナー2塁の時のバントは3塁方向へ転がすのがセオリーです。
試合の局面によっては、3塁へ絶対に進めさせたくない時があります。
そのような時のフォーメーションです。

草野球で勝つ!,ランナー2塁のバントシフトで3塁封殺を狙う場合

ピッチャー:前進してバント処理
キャッチャー:前進してバント処理
ファースト:前進してバント処理
セカンド:1塁ベースカバー
サード:前進してバント処理
ショート:3塁ベースカバー
レフト:3塁のカバー
センター:2塁のカバー
ライト:1塁のカバー

追記:このフォーメーションは、ピッチャー・ファースト・サードが前進し、ショート・セカンドがベースカバーに走るので、内野が手薄になります。
そこを相手に見破られると、バスターを決められやすくなるので、試合ではワンチャンスのつもりで試みます。
成功率を上げるには、バッテリー間でバントがしやすいボールを投げ、3塁封殺を狙います。


草野球で勝つ!


守備に関する他の記事

草野球で勝つ!守備の記事一覧はこちら
PCサイト | スマホサイト